ソープランドならではの

風俗の中でも独自性を持っているのがソープランド。
そのサービスは他の風俗では味わうことが出来ないプレイが幾つもございます。まずは泡踊り。

アダルトビデオなどで観た事があるかもしれませんが、お風呂の中にあるエアマットの上にローションをたっぷりと塗り、お客さんはそこに横たわります。
ソープ嬢は身体全体をスポンジやブラシに見立ててお客さんの身体を洗うというプレイです。
かつては石鹸やボディーソープが使われておりましたが、現在はソープ嬢が繰り返し長時間行うことで肌荒れの原因となる為ローションのみで行われております。次は潜望鏡です。

一緒にお風呂に入り、お客さんの腰を浮かせて男性器を水上へ覗かせた状態でフェラを行うというものです。行為自体は通常のフェラと変わりませんが、お風呂というシチュエーションで興奮度が高まるというものでしょう。続いては椅子洗いです。

ソープランドにある特徴的な椅子、スケベ椅子という名前でかつてはテレビのバラエティー番組でも使われていたことがありました。
マットプレイに入る前段階に使用されることが多く、お客さんが椅子に座りソープ嬢が身体全体で洗うというスタイルです。最後は壷洗い。

女性の性器を壷に見立ててお客さんの手や足の指、場合によっては男性器を挿入して洗おうというものです。
このように、風俗界において歴史と伝統あるソープランドでは他の風俗では楽しむことが出来ないあらゆる独特のプレイ内容がございますので、きっと風俗自体に慣れている方でも新しい発見を感じることが出来るでしょう。

ここしかない!

いまお気に入りのピンサロがあり、月二回ほど通っています。
ソープは庶民には高くて手が出ません。

ピンサロだと若くて可愛い子にきもちよくしてもらえてなによりお財布にも優しい。
ピンサロというと、高齢の嬢がいたり、地雷率が高いイメージですが、この店は不思議と8割可愛いんです。
だからついついお金が入るとお気に入りのあの子のことばかり考えてしまいます。

お気に入りの嬢はまだ20台前半らしくて、黒髪が綺麗エキゾチックな雰囲気があり、からだはしっとりもち肌で、感度もよく、プレイはねっとりしていて最高です。

他の子も素人ぽい子が多く、初々しくて可愛いです。

どうしてこんなに若くて可愛い子多いんかなあ、と仲良くなったボーイさんに訊いたところ、直接風俗とは書かずにティッシュやビラを配り、それで先ずよい待遇に惹かれて連絡をしてきた子と面接をすると。
だから容姿もよく、すごく素人ぽい子が集まるんだよー。と。

ピンサロで気になるのは、お風呂やシャワーがないからやっぱりからだが綺麗な口開けで並びたいものです。
会社の昼休みに来ると彼女は10時出勤なので、もう消毒薬の匂いをさせています。
ちゃんとした彼女そのものを味わいたいので、一度、あたかもパチ屋の開店前のように店前に並び、口開けを待ったのですが、朝一で彼女とプレイしてもあそこは消毒薬の匂い!
口開けでも、ちゃんと拭くのかー。と。当たり前ですが、ちょっぴりがっかり(笑)

今月もまた会えるのを楽しみに仕事がんばります。

”こっそり”教える風俗体験記。

男の遊びいえば「風俗」が定番です。デリヘル、ヘルス、ソープなど、その種類は沢山あります。その中で私が経験した”デリヘル体験談”をご紹介したいと思います。これは私が25歳で群馬県に住んでいた時の話です。

そもそも私は風俗が好きで、若い時から先輩と一緒に通うなどしていましたのですが、なかなか自分が心底タイプと言える女の子と出会えなかったのですが、なんと出張先の群馬県で衝撃的な出会いに恵まれたのです。

群馬県で出会った女の子は身長が149cmでとても小さく、童顔巨乳で某秋葉系アイドルグループに在籍してもおかしくない感じで、モロタイプの子でした。しかし、運命を感じた決定打はそこでなく、プレイの”しつこさ”です。

彼女かと思わせるような甘えた声で「言葉責め」をしながら、じっくりとカラダ全体をしつこく愛撫されたのは本当に初めてで愛されていると勘違いしてしまうほどで、気持ち・カラダの両方が高揚感に包まれました。

また、こちらが逆にカラダ全体を愛撫すると、その女の子は可愛い声で恥ずかしながらカラダをクネクネさせて喘ぎ、風俗嬢であるということを忘れさせるリアクションをしました。お互いに、心の底から感じあえるプレイには本当に驚きました。

その日は40分だけでしたが、その次からは1時間~2時間コースで指名し高頻度でプレイを楽しむようになりました。いつしか、見つかったら大変なことになると分かりつつプライベートでも会うようになり、付き合うようにもなりました。

その後、数か月後にケンカ別れしてしまいましたが、今までの風俗経験で最高の体験をすることができました。そのおかげもあり、今ではそれ以上の体験をするために、日夜風俗通いをしています。

デリヘルで働く為には

風俗嬢になって早くも1ヶ月とちょっとが過ぎ、私もようやく仕事に慣れてきました。改めて思ったことは男性を気持ちよくさせるのは難しいのだなということです。

私も決して男性経験が少ない方という訳ではなかったのですが、いざデリヘルのお仕事を初めてみると男性の特徴がそれぞれ違うことに驚かされました。

例えばAというお客様はフェラチオでいけるのにBというお客様はフェラチオでいけないのです。何がいけないのかと最初は戸惑っていたのですが、Bのお客様から3回目の指名を受けた際にようやくスローなフェラチオが好きだということを知ったのです。私はフェラチオ=早く動かせば男性は気持ちよくなってくれると勝手に思っていましたが、男性それぞれフェラチオのスピードによって感じ方が違うということを学ばせてもらいました。

それからというもの、プレイをする前にお客様とのコミュニケーションを大切にしています。コミュニケーションの中でどういった性癖があるのか、どこをどうすれば気持ちよくなるのかも聞き出すようにしています。

その成果があったのか、リピーターも増えてきて助かっています。あとは自分のペースというものを大事にすることも忘れていません。

どうしても多くのお客様から指名をいただいて、多くのお給料を手にしたいという欲望も正直あるのですが、頑張り過ぎて体調を崩してしまうこともありました。

やはり体を休めるということを考えながら出勤日を考えた方がいいと思います。