ソープランドならではの

風俗の中でも独自性を持っているのがソープランド。
そのサービスは他の風俗では味わうことが出来ないプレイが幾つもございます。まずは泡踊り。

アダルトビデオなどで観た事があるかもしれませんが、お風呂の中にあるエアマットの上にローションをたっぷりと塗り、お客さんはそこに横たわります。
ソープ嬢は身体全体をスポンジやブラシに見立ててお客さんの身体を洗うというプレイです。
かつては石鹸やボディーソープが使われておりましたが、現在はソープ嬢が繰り返し長時間行うことで肌荒れの原因となる為ローションのみで行われております。次は潜望鏡です。

一緒にお風呂に入り、お客さんの腰を浮かせて男性器を水上へ覗かせた状態でフェラを行うというものです。行為自体は通常のフェラと変わりませんが、お風呂というシチュエーションで興奮度が高まるというものでしょう。続いては椅子洗いです。

ソープランドにある特徴的な椅子、スケベ椅子という名前でかつてはテレビのバラエティー番組でも使われていたことがありました。
マットプレイに入る前段階に使用されることが多く、お客さんが椅子に座りソープ嬢が身体全体で洗うというスタイルです。最後は壷洗い。

女性の性器を壷に見立ててお客さんの手や足の指、場合によっては男性器を挿入して洗おうというものです。
このように、風俗界において歴史と伝統あるソープランドでは他の風俗では楽しむことが出来ないあらゆる独特のプレイ内容がございますので、きっと風俗自体に慣れている方でも新しい発見を感じることが出来るでしょう。